フィンペシアでも起こり得る初期脱毛

フィンペシア 初期脱毛 原因

薄毛に効果的な薬の代表的な存在のフィンペシアは、ネットで海外から個人輸入できます。そのためわざわざ通院しなくても自分で薬を飲んで治療をすることができます。

 

ただしこのフィンペシアに関しても、服用を開始した直後〜1か月目あたりに、初期脱毛が起こる可能性があります。

 

フィンペシアの成分の中には薄毛の原因とされるホルモンや酵素の働きを抑制させる成分が配合されており、その結果、これまで成長が妨げられて弱くなっていた髪の毛が一時的に抜け落ちる可能性は十分考えられます。

 

もしフィンペシアの使用直後に抜け毛が増えたとしても、すぐに服用を中断せず、様子を見ながら服用を継続していくことが大事になってきます。

 

初期脱毛とは?

 

フィンペシア 初期脱毛 ヘアサイクル

AGAによる薄毛の治療を開始した直後〜1か月目くらいにかけて一時的に抜け毛が増える現象のことを指します。なぜこのような現象が起こるのかというと、薄毛の原因とされるホルモンの影響で弱くなっていた髪の毛が、一時的に抜け落ちるからであると考えられます。

 

治療を継続していくと弱い髪の毛は抜け落ち、その後に新たに強い髪の毛が生えるようになります。そのため治療から数カ月経過すれば、自然と髪の毛は濃くなっていきます。

 

この初期脱毛は個人差があり、初期脱毛が起こらない人もいれば、かなり抜け毛が激しい人もいます。そのため事前にこのような現象が起こるということを理解して治療を開始してください。

 

抜け毛が止まらなかったら服用をやめよう

フィンペシア 初期脱毛 抜け毛が止まらない

初期脱毛は個人差がありますが、人によっては相当の数の髪の毛が抜けることがあります。当然こうした状況が続けば本当に髪の毛が生え変わるのか?心配になる人もいます。

 

初期脱毛がどのくらいの間続くのかというと、個人差はありますが長くても1カ月間くらいで抜け毛は落ち着くといわれています。そのため2か月以上脱毛が治らない場合は、いったん服用を止めた方がよいと考えられます。

 

薄毛治療中ならクリニックに通院していることが多いですが、もし抜け毛が長く続く場合は、医師に相談してください。抜け毛が一時的に増える現象は

 

・髪の毛の成長が始まった場合

 

・体質に合っていない場合

 

 

のどちらでも起こりえます。特にフィンペシアは副作用も伴う薬ですので、自分で原因が判断せず専門家の診察を受けましょう。

 

>> 【フィンペシアの副作用と効果】  TOP