フィンペシアの効果的な飲み方

フィンペシア 飲み方 タイミング

フィンペシアはAGAと呼ばれる薄毛に効果的な薬です。服用することによって、薄毛を促進させる恐れのあるホルモンや酵素を抑制することができます。用法用量としては1日1回、1錠を毎日決まった時間に飲むという方法が正しい飲み方となっています。

 

「1日に2回服用すればより薄毛の改善に効果があるのではないか?」と考える人もいるかもしれません。しかしたくさん服用しても得られる効果は変わらないので、1日1錠を守ってください。

 

フィンペシアの場合は朝、昼などのように決められた時間に服用しなくてはならないという制限はありません。毎日自分が決めた時間に服用することによって血中濃度が安定します。そのため自分が飲みやすい時間帯を予め決めておくとよいでしょう。

 

効能は24時間継続

フィンペシア 飲み方 継続時間

フィンペシアはしっかりと髪が生えそろう前に服用を中断してしまうと、薄毛が再び進行する恐れがあるといわれています。これはフィンペシアの効果持続時間に関係があります。

 

フィンペシアが効果を発揮できる時間は24時間とされ、そのあとは体外に排出されてしまいます。ですから、薄毛の進行を止めて太く強い髪の毛が生えてくるようにするためには、毎日決まった時間に薬の服用を継続するということが必要です。

 

特に髪の毛は生え変わるのに時間がかかります。少しの間服用したからといって、すぐに効果が出るわけではありません。始める際は長期的な服用計画を立てておくのが成功のポイントと言えます。

 

飲酒の前後の服用は避ける!

フィンペシア 飲み方 飲酒

フィンペシアは薬ですから、副作用の心配も全くないわけではありません。よく言われる副作用としては

 

・精子の減少

 

・性欲減退

 

・肝臓への影響

 

 

などがいわれていますが、特に注意するべき副作用としては肝機能の低下を挙げられます。

 

肝機能が低下してしまうと、健康状態に悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要。飲酒をすると肝臓の機能が低下しやすく、さらにフィンペシアを服用することによって、肝機能が低下する可能性がより高くなってしまいます。

 

フィンペシアをを服用する場合は、飲酒の前後は避けてください。もし飲んだら時間をおいて服用するようにしましょう。

 

>> 【フィンペシアの副作用と効果】  TOP