フィンペシアとミノキシジルそれぞれの効果は?

フィンペシア ミノキシジル 併用 効果

フィンペシアもミノキシジルも髪の毛の発育に大きな効果が期待できるとされていますが、これらの併用することでどんな効果が期待できるのでしょうか。

 

フィンペシア

 

男性のAGAに効果的なフィナステリドを有効成分とした内服薬。男性ホルモンであるテストステロンを、強力な脱毛ホルモン・DHTに変換させてしまう5αーリダクターゼ還元酵素を阻害する働きがあります。これ以上脱毛が進行しないように食い止める働きをしてくれます。

 

ミノキシジル

 

血管拡張作用や血流改善作用により頭皮の毛母細胞を活性化させて、発毛を促進させる効果が期待できます。ミノタブと呼ばれる錠剤のほか、リアップのように外用薬として頭皮に直接塗布するものもあります。

 

フィンペシアとミノタブの併用はできる?

フィンペシア ミノキシジル 効果

ミノキシジルには、タブレット状になっているミノタブと呼ばれる錠剤があります。それとフィンペシアを実際に併用しても問題ないのでしょうか。

 

医療機関で処方される発毛薬にプロペシアがありますが、これも有効成分にフィナステリドを使用しており、ミノタブとの併用が推奨されていることから、同じ有効成分できているフィンペシアとミノタブの併用も基本的には問題ないと考えて良いでしょう。

 

片方だけでは脱毛防止か発毛促進かどちらかの効果しか期待できません。しかし併用することで

 

・抜け毛を食い止める

 

・発毛を促進する

 

 

という薄毛改善に欠かせない2つの作用が得られるようになります。そのため最初は片方しか使用していなかった人でも、併用する傾向になっていくようです。

 

併用による副作用は?

フィンペシア ミノキシジル 併用 副作用

併用による副作用については、2つを合わせたことによる飲み合わせの問題よりも、フィンペシアとミノキシジル両方の副作用が起こり得るというデメリットがあります。特にミノキシジルについてはフィンペシアよりも副作用が強いので気を付けましょう。

 

フィンペシアの副作用には性機能低下や精力減退などが挙げられます。有効成分・フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、それに脱毛防止効果が期待できることが発見されて発毛薬になったもの。そのため男性機能に関係する副作用が出る恐れがあります。

 

ミノキシジルで考えられる副作用には、血管拡張作用によって血圧が極端に低下したり頭皮や胃に負担がかかることが考えられます。また体毛が濃くなったり、むくみや動機・息切れ、めまいといった症状が報告されています。

 

体質によって合う合わないもありますので、もし副作用がつらい場合には併用を中止して様子を見るようにしたり、医療機関で相談してみるのも良いでしょう。

 

>> 【フィンペシアの副作用と効果】  TOP